あなたの笑顔を応援します。   
            整体屋

院長写真



院長プロフィール

井田 力 (いだ ちから)
1973年(昭和48年)7月22日
広島県呉市出身
経歴
崇徳高校卒業
四国大学 経営情報学部卒業
村上整体専門医学院卒業
同校 講師
付属院 広島中央整体院 副院長
現 整体屋 院長

経歴

あんまり自分のことを書くのが恥ずかしいので少しだけ。 整体屋がオープンして2013年10月4日でまる10年になります。
今までを振り返り、これからまた新たな一歩を踏み出す為にこの度ホームページをリニューアルしました。

私が整体師になるまでのお話。
はじめに
よく整体師になったきっかけで、「身体を壊してスポーツができなくなったので今度は自分がスポーツをされている方の
サポートがしたいので整体師になりました。」「人を癒すのが好きなので整体師になりました。」とかいろいろあると思います。
以前勤めていた整体の学校で生徒さんの面接をしていた時などに志望動機でよく聞いた言葉です。
そういえば何がきっかけで自分は整体の道に進み、今この仕事が天職かな?って思えるようになったのか思い返す
いいきっかけができたので書いていきたいと思います。

野球部時代
小学校3年生から高校生までずっと野球をしていました。大学ではソフトボールをしていました。
(あまりまじめにやってなかったですが…)
スポーツをすることでいろいろけがをしてきました。つき指や肩や肘など。
ひどければ病院や接骨院を紹介してもらい通ったこともありました。
自分が身体を診てもらうことはあっても、診る立場になるなんて想像もしていませんでした。
むしろどちらも興味がありませんでした。

父親のお願い
大学を卒業して県外の1人暮らしから実家に戻ってきました。
就職先は家から車で1時間半位のところにある新聞の折り込みチラシを作る制作会社に
就職しました。
そこでは1カ月の内2週間日勤、2週間夜勤というローテーション勤務でした。
上司や先輩、同期がとてもよくしていただきとても働きやすく楽しく仕事ができました。
しかし夜勤終わりの帰宅途中が、ちょうど通勤ラッシュのど真ん中にあたり、
何度か居眠り運転をしてしまい危ないことかありました。
それを見かねてか日頃何も言わない父が、
「自分は人の身体を診ていく仕事がもともとしたかった。しかしこの年ですべてを捨てて
新しいことを始めるには難しい。ただあきらめきれないから自分の代わりに
1日体験入学に行ってくれないか?」と言ってきました。
正直かなり乗り気ではありませんでしたがちょっとした親孝行みたいな気がして承諾しました。
お昼1時から4時位までだし、まぁいいか。くらいの気持ちでした。
(今思えば父が私の将来を心配していろいろな職業へ進むきっかけをつくってくれていたのだと
思います。)

師匠との出会い
就職して2年が経とうとした3月の初めに村上整体医学院広島校の1日体験入学に行きました。
教室につくとパンフレットをいただき読んでみると、カイロプラクティックを2年間かけて
学んでいく学校で、実技の授業だけでなく、むしろそれ以上の時間が座学で解剖学や生理学、
病理学などカリキュラムが組まれているのには驚きました。(今考えると当たり前なんですけどね。)
体験授業が始まりカイロプラクティックの歴史や、世界と日本の考え方の違いを先生が
一生懸命説明されてました。(たぶんここらで心を奪われてカイロプラクティックを勉強しようと
思いました。また「こういう仕事がやりたかったのかも」と思いました。)

師匠イズム
体験授業で私が心を奪われた内容の一部が、「アメリカをはじめ世界の多くの国が
カイロプラクティックを医療と認めD.C(ドクターオブカイロプラクティック)という称号の
お医者さんとして活躍してるのに日本は未だに民間資格で医療類似行為という立場に
あります。日本でカイロプラクティックがすばらしい療法だと認めてもらうために
皆さんと共に勉強していきましょう。」
簡単にいうとこのような内容だったと思います。
後に私が講師として師匠の後を継ぎこの1日体験入学をすることになるのですが、忘れては
いけない原点の部分なので必ずお話していました。
この世界が長くなって少しだけこの時の考えと変わりましたが幹の部分は変わっていません。
よく「この地区も整体が多くなったねー」「ライバルが増えて大変ね」とか言われます。
まぁ患者さんが減ったら売上が落ちるしとも思いますけど。
整体・カイロプラクティックの世界は意外と横のつながりが少ないように思います。
民間資格なのでその先生が、その整体院がどれくらいの知識があってどれくらいの技術があるか
すごく差があると思います。国に認められた医療=保険がきく治療=国家資格は試験基準があって
そこをパスすれば国家資格がもらえます。ようするに知識、技術の底上げです。
しかし民間資格でも知識や技術の底上げは可能だと思います。自分たちで高い志を持ってラインを
引けばいいことだと思います。横のつながりを持ってレベルを上げていけば国家資格でなくても
民間資格だってすばらしい療法と認めていただける。
これが師匠から学んだ今の私の考えです。

今までこんな感じでやってきました。多分こんな感じでこれからもやっていきます。
まだまだ未熟ですが一生懸命精進していきますのでこれからもよろしくお願いします。

スタッフ紹介


メディセル施術は私が担当させていただきます。


プロフィール

名前:  本山 亜美 (もとやま あみ)
ニックネーム:  あみちゃん
生年月日:  平成元年2月6日(B型)
出身地:  下三永(自転車で3分)
趣味:  オリジナルのイラストを描くこと
      ゲーム(ポケモン、パズドラなど)
特技:  複数のことを同時に進められる(音楽を聴きながらゲームをしつつ絵を描いたり…)
夢:  旅行に行っていろんな場所を見て回ること
長所:  よく笑うこと
短所:  うっかりやなところ
得意技:  むくみとりとボディーメイクなら任せてください。
この仕事についたきっかけ:  昔、親の肩もみをしていた頃に上手だとほめられてマッサージや整体に興味を持ちました。
好きな言葉:  誰かの意見に流されず、しっかり自分の意見を持っていたいということと、
余裕を持った生き方をしたいという目標から「マイペース」という言葉が好きです。
最後に一言:  皆さんのご要望にしっかり応えられるように精一杯施術させていただきますので、よろしくお願いします。



東広島駅×エステ部門
2014年12月時点


整体屋の口コミをもっと見る